体重を増やす方法をご紹介!効果的な3つの方法とは?

 

体重を増やすために効果的な方法と言われると真っ先に頭に浮かんでくるのは食事ではないでしょうか?食事の量を通常よりも増やすことにより、体重の増加を図ることができるのはご存じの方も少なくありません。

 

しかし、その他の方法についてはあまり知られていないのが現状でもあり、痩せる方法ならばともかくとしても太る方法を知らない方は多いです。そこで今回は、体重を増やす方法をいくつかご紹介させていただきましょう。


体重増加を目的とするプロテインを飲む

一つ目の方法は「プロテイン」を使った方法になります。プロテインというと筋肉を付けるために用いられるのが一般的で、低カロリーになっているため、太るのには適していないようにも見えます。しかし、プロテインの中には「ウエイトゲイナー」と呼ばれるタイプの商品もあり、このタイプの特徴は筋肉だけでなく、体重の増加を目的としている点にあります。

 

具体的には太るために効果的な「炭水化物」が成分として入っていることや糖質や脂質が従来の物に比べて多く含まれていることにより、全体的に摂取可能なカロリーも増え、結果として体重増加が見込めるというわけです。

 

このように通常のプロテインで太るのは難しくともウエイトゲイナーのようなタイプを活用することで、太りやすくすることは不可能ではないでしょう。何よりも炭水化物が含まれている点は体重の増加を図る上で大きな効果が期待できる要因となります。

 

また、プロテインということでただ太るだけではなく、筋肉が付きやすい体になることもメリットとして挙げられるのではないでしょうか?

食事で炭水化物やタンパク質を多めに摂る

二つ目の方法は「食事」を多めに摂ることです。基本的に人が太る要因となるのは、体内で消費されるカロリーを摂取カロリーが上回る場合に限られます。つまり、簡単に言うとカロリーが多い食べ物を多く食べることによって太りやすくすることができるわけです。

 

ですから、消化吸収に問題がない人は食べれば食べる程、太りやすくなると言えるでしょう。加えて、炭水化物やタンパク質のように体重増加に繋がりやすい成分を積極的に摂ることも食事で太るにあたっては重要な要素となります。

 

炭水化物は「ご飯」や「パン」、タンパク質は「お肉」や「魚」に多く含まれていますので、これらを意識して摂るように心がけることも大事ではないでしょうか?それから、胃腸が弱く、消化吸収が満足に行えず、多く食事を摂ることが難しい方の場合には一度に多く食べるよりも食事の回数を増やすやり方の方をおすすめします。

 

基本的な話ですが、一度の食事で大量にカロリーを摂取しても回数を小分けにして摂取しても一日単位での総合的な摂取量は変わりません。なので、食べられる状況の時に極力食べるような習慣を作ることも体重増加のコツと言えるのではないでしょうか?

体重を増やすサプリメントを利用する

最後に三つ目の方法についてですが、「サプリメント」を利用する方法もあります。ただし、サプリメントはあくまでもサポート的な役割をするものであり、即効性が低い点は注意しておく必要があるでしょう。

 

それでも先程も触れた2つの方法もそうですが、一日二日で成果を出すことは困難と言わざるを得ません。その点を踏まえると体質改善も含めて長い目で見た場合にはサプリメントの利用も効果的と言えるのではないでしょうか?

 

また、太るためのサプリメントには大きく分けて2種類が存在し、「サプリメント自体がカロリーを有している」タイプの物と「補酵素と呼ばれる栄養素が豊富に含まれた」タイプに分類することができます。これらはそれぞれタイプが違うため、同じサプリメントでも及ぼす影響が違いますから、自分に合った物を選ぶことも重要になります。

 

例えば、摂取カロリーが不足している方にとってはカロリーを有しているタイプの方が望ましいと言えますし、食事が偏りがちな方は栄養バランスを整えるために補酵素が豊富に含まれたタイプを選ぶといった具合です。

 

単純にカロリーが不足している場合もそうですが、酵素が足りていないと栄養吸収率が下がってしまい、どれだけ食べても太れないといった状態に陥ってしまうケースも確認されています。ですので、サプリメントを利用する際には「自分に適した物を使用する」ことが結果に繋がることを覚えておいてください。

まとめ

以上、体重を増やす方法についてでした。今回ご紹介した部分で言えば、プロテインやサプリメントもサポート的な意味合いで効果は期待できますが、基本は食事の見直しになるでしょう。

 

一度に多く食べるのが効果的というのは確かですが、小分けして食べるやり方のようにトータルで考えていくことも大切です。何よりも継続して行うことが大事ですので、無理なく行うことを心がけるようにしてください。